記事の詳細

現代の日本は少子高齢化の社会です。子どもが減っていく代わりにどんどん高齢者と呼ばれる方々増えています。寿命も以前とは比べかなりのび、男性は70代、女性は80代が平均寿命と言われています。長生きするとその分だけ病気になる可能性も増えます。脳に関する病気も増え、認知症患者もどんどん増えてきています。

認知症患者は家族だけで面倒をみるのが辛いと言うケースも多いです。認知症の中にはひとりで徘徊したり感情的になったりといった症状が出ることもあり、家族だけ介護するには限界があります。「社会福祉法人  ふたば会」ではそうした認知症患者さんのお世話をしています。

ふたば会はいくつか老人ホームがありますが、その中のひとつ、三井郡大刀洗町 老人ホーム「特別養護老人ホーム 大刀洗幸生苑」はただ身の回りのお世話をするだけでなく、コミュニケーションをとるなど人と人との繋がりを大切にしている老人ホームです。公式ホームページがありますので、一度確認してみると良いでしょう。

社会福祉法人 ふたば会
http://tachiarai-kouseien.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る