記事の詳細

日栄動力工業は、東京都港区西新橋にある、発電設備を支える会社です。あまりなじみのない会社かもしれませんが、現在の日本の発電設備を支える、つまり日本の電気を作るのに欠かせない日本の基盤を作っている企業です。昭和34年に設立された歴史ある会社であり、2014年度の売上は40億円に上ります。昭和34年に設立されて以来、主に火力発電所と原子力発電所の建設、整備、点検などを行っています。西新橋の本社だけでなく、日本各地に支店を持つ、規模の広い会社でもあります。

日栄動力工業は、日本各地の火力発電所、原子力発電所の建設から点検までを担っています。日栄動力工業は、絶対的な安全が必要とされる火力発電所や原子力発電所を安全に建設、整備、点検するノウハウを持っている企業で、これまでの日本の火力発電所、原子力発電所での建設や整備の実施例は多岐にわたります。具体的には、火力発電所、原子発電所でともに絶対必要とされるタービンの据え付け、メンテナンスを日栄動力工業が担っています。タービンなしには火力発電所、原子力発電所では発電ができません。つまり、日栄動力工業がなければ、今日の火力発電所、原子力発電所での発電は出来ません。据え付けだけでなく、タービンのメンテナンスも担っており、日々安全に発電がおこなえるのも、日栄動力工業あってこそです。もちろん、タービン据え付け以外にも様々な場面で火力発電所、原子力発電所を動かすのに活躍しており、発電機の据え付けから給排気のためのファンの据え付けなどもこの会社が担っています。

社員の教育についても力を入れていて、優秀な人材の育成にも積極的に取り組んでいます。入社した社員に対し、技術的な教育をしっかりと行い、安全が常に損なわれないようにしています。また、技術的な特別教育を会社で行うだけでなく、電気工事士、ボイラー技士、危険物取扱者といった国家資格や免許の取得を目指す社員に対しては、費用を負担したり、報奨金を支給する制度もあり、社員のさらなるスキルアップの支えを積極的に行っています。こうしたしっかりとした教育制度のもと、社員のスキルが高まり、安全が損なわれることなく、昭和34年の設立から日栄動力工業は、今日日本の発電を支えるまでに成長し、またこれからも成長していきます。ますます社会が発展していくなか、この会社がさらに社会を支え、豊かな未来を作っていくことは間違いありません。

日栄動力工業株式会社
http://nichieidouryoku.co.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る