記事の詳細

八ツ田和夫さんは長崎市出身の精神保健福祉士兼相談支援専門員です。

幼少期より人と話をする事が大好きでした。
高校生の時に非行少年や飛行少女の更生保護に関するボランティアに参加した八ツ田和夫さんは少年少女に接していくうちにアルコール依存症の両親の話を聞いた事がきっかけとなり、社会福祉学科のある大学に進学する事にしました。社会福祉学部精神保健福祉学科のある大学に進学した八ツ田和夫さんは精神保健福祉士の専門課程を専攻し、香川県にあるアルコール依存症に強い精神科病院に実習に行きました。初めて精神病院を訪れた八ツ田和夫さんはかねてから興味のあったアルコール依存症の患者様はもちろんですが、統合失調症の患者様さんとも初めて接する事となりました。

その精神科病院はアルコール依存症の治療に力を入れており、断酒会を積極的に行っていたので、実習担当の精神保健福祉士にお願いし、断酒会に参加させてもらいました。そこは八ツ田和夫さんが今まで経験した事のない、壮絶な体験をした人たちが、その経験を語り合う事でもう二度と酒を飲まないと参加者全員で誓い合う場でした。
酒で酩酊し、その勢いで人を殺し刑務所で妻に絶縁され、その上肝臓機能が麻痺し、何とか命を繋いでいると言う体験談を聞いた八ツ田和夫さんは自分がいかに甘い人生を歩んできたのかを考えさせられたのとともに、自分が何が出来るのかを考えるようになりました。しかし、その答えは中々出ません。その時アルコール依存症の患者様が一緒に考えてくれればそれで良いと話してくれ、寄り添う姿勢が大切だと感じました。

また、精神科デイケアを行っていたので、実習担当の精神保健福祉士に参加を依頼し参加しました。そこではアルコール依存症とは違う統合失調症の患者様とプログラムを通じて話をする機会がありました。そこで、患者様から私の頭は勝手にいろんな事が頭に浮かんでは消えて大変なんだとの話を聞きました。断酒会とは違ったショックを受けました。そこでも一緒に考えて欲しいと言われました。その時の実習を通じて一番大切な事はどんな疾患であっても寄り添う姿勢が大切と言われました。その実習を通じて精神科疾患のある方の支えになりたい、生活を支えたいと考えた八ツ田和夫さんは精神保健福祉士を取得して、相談支援専門員となり、サービス利用等計画を立てる仕事に就く事を決意しました。今も利用者に寄り添う相談支援専門員を目指しています。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る