記事の詳細

阿含宗における東海本部の役割はどのような物なのかと言えば、東海地方の管轄・管理になります。東海本部は名古屋にあるのですが、東海エリアだけで阿含宗は浜松、岐阜、三河、豊橋、三重と道場に連絡所を構えていますので、それらを統括する意味合いでも東海本部の役割はとても大きいものがあります。特に阿含宗は日本だけではなく、世界で活動している宗教でもあります。

スリランカやミャンマー、チベットといった仏教界から法位や僧位を授受し、さらにはアウシュビッツやイスラエル、パリにニューヨークにシベリアで護摩法要を行うなど、存在感はとても高いものがあります。日本国内に目を向けても伊勢神宮や広島平和公園といった場所で護摩法要を行うに至っているのですから、どれだけ大きな存在感があるのかが伺えます。そのため、信徒も多いのです。

阿含宗 東海本部
http://tokahonbu.net/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る