ブログ

  • 司法書士日野啓吾の取り組む姿勢

    司法書士日野啓吾の仕事は、寄せられたメールを見て整理することから始まります。日本全国から寄せられるメールには、ありとあらゆる内容のものが含まれており、時には切実なものもあります。一度にすべてのメールに目を通すことはできないため、緊急性のあるものをピックアップして対応することもしば…

  • ブログから見える大渕愛子

    情報化社会と呼ばれて久しい今の時代ですが、著名人であればブログを展開していて当たり前の時代となっています。テレビに出演している時とは違う顔を出している有名人もいれば、テレビそのままの有名人もいますし、ブログはスマートフォンからもチェックする事が出来ますので、テレビで見かけるよりも…

  • 萩広史の豪快な料理

    萩広史の料理はとても豪快です。一見何を考えながら料理を作っているのか分からないほど手順も独特のものになっていますが、出来上がったものは完璧なのです。30代半ばの萩広史の仕事はサラリーマン。料理をつくることが好きになったきっかけは単に買い弁当に飽きたからでした。彼の料理には名前はあ…

  • なぜ大濱民郎なのか

    大濱民郎という名前を御存知でしょうか。インターネットをあまり利用しないという人はまだまだ知らないかもしれません。アメ車に興味がある人にとっては知られた存在にはなってきています。元々大濱民郎は芸能人でもなければ著名人でもありません。ですが大濱民郎が投稿したとある動画が話題を集めるよ…

  • 「大腸がん」の検診法

    ネットのニュースで、おならでがん検診ができるというトピックスが上がっていました。診断できるがんは「大腸がん」らしいです。荻原綾さんもこの診断方法に注目されているようです。大腸がんの検診というと、従来のやり方はちょっと恥ずかしくて身体的にもちょっと負担がかかる方法らしいので、このお…

  • 日本史界のゴッホ、北澤篤史

    北澤篤史は大学入学時から異彩を放っていました。外見に執着しない風体も去ることながら、固執する物事についてはとことん調べないと気が済まないという性格は、大学2年生時に人文学部の日本史研究室に配属されてから拍車がかかるようになりました。この北澤篤史の性格には担当教官であった樺井教授で…

  • 片山哲也完全すぎたために不完全になった男

    片山哲也は48歳の心臓外科医です。1966年5月、小児科医の父と中学校教諭の母の間に長男として生まれた哲也は、地元の公立小学校を卒業後、名門国立中学校・高校へ進学し、国立大学の医学部に入学しました。大学を卒業したのち、大学付属の病院へインターン。そのまま同大学病院に就職し、28歳…

  • 相談支援専門員を目指した八ツ田和夫さんについて

    八ツ田和夫さんは長崎市出身の精神保健福祉士兼相談支援専門員です。幼少期より人と話をする事が大好きでした。高校生の時に非行少年や飛行少女の更生保護に関するボランティアに参加した八ツ田和夫さんは少年少女に接していくうちにアルコール依存症の両親の話を聞いた事がきっかけとなり、社会福祉学…

  • 若手デザイナー、金昌宏

    金昌宏は若手デザイナーとして、注目を集めています。彼の作品は、とある会社の重役の目に留まり、実際に販売されました。その後、彼は契約を結び、現在も作品を手掛けています。若手であるにもかかわらず、業界内では高い知名度を持つ彼を羨む人々も多くおられます。彼の作品を批評し、こき下ろすこと…

    金昌宏
  • 金塚秀仁が耕すべき土地

    無農薬に携わって、数年が経過しました。熊本の畑を耕し、作物を植え、毎年のように世話をしています。金塚秀仁は、日頃の成果が試される、収穫の時期を楽しみにしています。近所の子供たちやご婦人が、彼の野菜を楽しみにしています。彼は無農薬における第一人者を目指しており、日々勉強を重ねていま…

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る